西荻窪 ちょもらんまの大餃子定食ランチ

ちょもらんま@西荻窪駅南口アーケードを出たところ

西荻でちょうどお昼時だったので、はつねのタンメンと思いついて行ってみると定休日に当たっていた。それではとそのあたりをうろうろしてると、ちょもらんまという吸引力のある店名の中華屋さんがある。覗くとカウンターはほぼいっぱいなふう。もうちょっと周辺を探索してけっきょく戻って来て引き戸を引いて入ってみる。

奥のテーブル席はいっぱいで、カウンター席を勧められる。隣席のお客の荷物を棚に移動してもらって席に着く。
ランチメニューはけっこう豊富で、定食、麺類、ごはんものなど。表の看板で頭の中は餃子になっていたので大餃子定食ごはん少なめで注文する。

隣のおにいさんは餃子が1ダースくらいとおかず、それにジョッキのランチビールを煙草の煙を吸い込みつつ召しあがっている。久しぶりにたばこの煙とそれを吸う人を見た。換気がいいので隣で吸われてもあまり気にはならなかったが、ごはん食べながら吸うのかと思った。

最初に蒸し鶏のお皿が来る。細切りきゅうりと細切り蒸し鶏、それに葱ダレとごま油がかかっている。おいしそうだが、これはいけなかった。冷蔵庫のにおいがした。

しばらく待って焼きたて熱々の餃子と、遅れてスープと小飯椀のごはんがきた。
餃子は大きいのが4つ。これは食べでがあった。テーブルには具だくさんのラー油、酢、醤油が置いてあるので酢とラー油の具でたれをつくってつけながら食べる。熱々でおいしい。ごはんもいい。餃子は白いごはんと相性ピッタリだと思う。卵スープははるかかなたに八角の気配がして少しエキゾチックでおいしかった。
ごはん少なめだったけど少しがんばって食べ終えた。さすがに晩ごはんになってもあまりお腹は減ってなかった。

お店の人の黒い法被に「際公司なんとか」と書かれていたので、際コーポレーションだったんだ。雰囲気作りがうまいな。サラリーマンの職場のグループとか、カウンターはおひとり様の男女、常連さんも少なくない様子だった。


大餃子定食ランチは750円だったか。


[PR]
by e3eiei | 2016-11-22 12:10 | 食べたもの 中央線沿線 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://e3eiei.exblog.jp/tb/23633325
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 東小金井 明洞(ミョンドン)の... 江古田 和興楼の蟹と豆腐の塩炒め定食 >>