四谷 オテル・ドゥ・ミクニのランチ

オテル・ドゥ・ミクニ@四谷駅赤坂口 学習院初等科裏

この三月は久しぶりの友人と会う機会が多い。Mさんとはdecades単位で久しぶりに会う。
ランチの場所は彼女がネットのお得格安ランチを予約してくれる。
オテル・ドゥ・ミクニでごはん食べよう、といわれると、女子はまず何を着ていこうかなどを考える。やれやれ。

静かな住宅街に溶け込むようなお店は、あと10日も遅かったら玄関先の大きな桜が美しかろうという落ち着いた佇まいだ。
少し早目につくと、ウェインティングバーで液体なしで待機した後に、厨房横の通路を抜けて10組ほどのテーブルをゆったりと配した新館に案内される。
通常のお店のランチ客とは分けてあるのだろう。

慇懃な嫌みのない接客はさすがだと思う。
お料理は、アミューズとして具のない温かく軟らかいキッシュ。わかめの冷たいスープ(さいのめのジャガイモやニンジン玉ねぎ入り・桜エビ乗せ)。二種類の白身魚のグリエ(サツマイモのソース、ムラサキイモのリゾット)。デザートはシャーベット、ムース、ピーナッツケーキの盛り合わせ。ダクワーズ、コーヒー。温めたパンとかわいい形のバター。メニューにはそれぞれの産地が記載されている。
お魚は上手に焼いてある。具のないキッシュがいちばんおいしかったかもしれない。

清潔で静かで和やかな雰囲気と、美しい食器と洗練された盛り付けと、程よい給仕がそつがない。
お料理はこのお値段では仕方がないのだろう、材料費を抑えたお料理の研究過程にある習作のようであった。
メニューには「シェフ三國の創意により、メニューは毎日刺激的に変わります」と書いてある。

席はほとんど満席。まだ~むでいっぱいである。


ネット限定のランチは2500円。+グラスワインとサービス料等々で3500円くらい。

贅沢な雰囲気を確認しつつおしゃべりを楽しむにはよかった。






d0000059_10582339.jpg

[PR]
by e3eiei | 2016-03-19 11:53 | 食べたもの 中央線沿線 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://e3eiei.exblog.jp/tb/22991025
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 末広町(銀座線) 過橋米線のラ... 八重洲 ダバインディアDhab... >>