吉祥寺 はなまるうどんのおろししょうゆうどんを食べてみる

はなまるうどん@吉祥寺駅南口

雨も降っているので駅の近くであったかいものでも、とバス通りを歩くとはなまるうどんがある。ここは入ったことがないので一度行ってみることにする。

もうおやつタイムに突入する頃合いで広い店内はたいへん空いている。
階段を下りてドアを入るとメニューの立て看板があるので検討する。
さて、どうしたらいいのかちょっとうろっとしてると、カウンターから男性の店員さんが声をかけてくれて、トレイをとって回ってくるようにと言われる。途中おでんやてんぷらがある。
サイズの説明を受けて「おろししょうゆうどん小」温かいのと半熟卵を注文し、竹輪の天ぷらをとる。
うどんは温めるだけなのかすぐ出来上がる。
給茶器のそばでおろし生姜と天かすを盛り付ける。

卵や具を混ぜていただく。
うどんは思ったより腰が弱くて柔らかく、小麦粉の風味も乏しい。讃岐と九州の中間という感じだ。五反田のうどん屋さんに何度か行ってあれが讃岐うどんのレファレンスになっているせいかしら。
チェーン店だし、このお値段だし、ささっとお昼をすませるにはいいところかなあと思いつついただく。
おいしいかどうかと言えばおいしくはないが、ちょっと場末た雰囲気のがらんとしたお店でいただくぬくぬくのうどんは不思議に気持ちを満たす。


おろししょうゆうどん小は200円、半熟卵80円、竹輪の磯辺揚げ110円。



[PR]
by e3eiei | 2015-07-09 00:32 | 食べたもの 中央線沿線 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://e3eiei.exblog.jp/tb/21935686
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 東小金井 サイのツノのひき肉と... 萬年家の博多一文字焼き大福 >>