東小金井 じゅんのチキンカツ定食

じゅん@東小金井駅南口 インド富士のある路地

高齢のご夫婦が、長いブランクを経て2~3年前からまたお店を始められたという話を耳にする。しかも昼ごはんがおいしいというのだ。

あの異様に小ぢんまりしたビストロの隣だ。日よけの赤いテントが鮮やかできれい。
お店のガラスの引き戸は中が見えないのでちょっとだけためらう。
お昼をちょっと過ぎた時間で小さなお店は学生さんでにぎわっている。カウンターに4席、4人がけの小さなテーブルと、小上がりに座卓が二つだけ。カウンターの中には物静かな高齢のご夫婦。カウンターの上にはテレビ。
壁に張り出された10種類くらいのメニューはとんかつ、チキンカツ、かつ丼、カツカレーなど、かつ屋さんなんだ。それに混じって生ハムとかスモークサーモンとかいうメニューもあって若干不思議。

チキンカツ定食をご飯少なめで注文する。
しばらくすると肉をとんとん叩く音が聞こえてきたりする。肉を下準備して揚げる時間の分待つ。
とても静かに調理をされ、お二人のコミュニケーションもまるでテレパシーのようにやり取りされている。

カウンターの仕切りの上にできあがったお皿が並ぶ。テーブルにはドレッシング2種類とかとんかつソースとか醤油とか辛子とかの必要品が置いてある。
プレートには5つか6つに切られた大きくも小さくもないチキンカツに、柔らかい千切りキャベツとくし切りレモン。ミツバのお味噌汁に、大きめのご飯茶わんにたっぷりのごはん、それに野沢菜漬け。かなりのボリュームだ。
お味噌汁はミツバの香りでおいしい。
チキンカツにレモンをぎゅぎゅっと絞り一口いただいてみる。熱々の揚げたてが喜ばしい。珍しいことにもも肉のカツだ。とても柔らかく揚がっている。だが、少し鶏の生臭みを感じる。
辛子をつけたり、ソースをたらしたり、決して少なめではないごはんも頑張っていただく。

ときどきテレビをみあげつつ、奥さんとお天気の話などしながら、全部残さずいただく。

高齢の奥さんは学生さんたちに、忘れ物のないようにね、などとおっしゃり、なんだか田舎のおじいちゃんおばあちゃんちのお茶の間の雰囲気が漂う。きっとお二人のお人柄も人気の秘密なんだろう。

チキンカツ定食は750円。
とんかつ定食やカツどんなどは850円。



[PR]
by e3eiei | 2015-06-17 16:14 | 食べたもの 中央線沿線 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://e3eiei.exblog.jp/tb/21883605
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 東中野 ソナムのビビンバ 東中野 阿波や壱兆の素そうめん >>