喫茶一芯二葉のスコーンセット

喫茶一芯二葉@西荻窪駅北口少し歩く

こういうお茶のカフェがあることを知り合いから勧められて、機会があったので行ってみる。
バス通りからレンガ敷きの路地を入った奥まったところに、古いマンションの一階を古民家風のカフェにしつらえてある。

お茶のカフェで、紅茶、台湾茶、日本のほうじ茶が楽しめる。
お昼時だったので何か一緒に食べようと思いスコーンセットにする。

最初にお盃ほど小さなお茶碗で熊本の矢部ほうじ茶を入れてくださる。雑身のないとてもいい香りのほうじ茶でほっとする。

スコーンは4種類のうちから2種類、プレーンのスコーンと塩キャラメルのスコーンを注文する。果物系のスコーンもあったが今焼いているところとおっしゃる。
紅茶は淡いものから濃いものまで6種類のうちから1種類、ミルクティーにしたいので濃いキャンディ(セイロン茶)にする。
カップを店内にディスプレイしてあるものから選んでくださいと言われる。見渡すとたくさんのカップが飾ってある。イギリスのものが多いが、なんだか懐かしいようなデザインのカップがあるのでそれにする。三郷陶器だ!
d0000059_00165305.jpg
紅茶はポットでカップに三杯分、出し殻の茶葉で香りを楽しめるように少しとりわけてある。ミルクは温めてはない。
紅茶は香りも良くとてもおいしい。
スコーンは、おもちゃのようにかわいらしい。こんなにちっちゃいスコーンがあるのかと思う。
ホイップしたクロテッドクリームと好きなジャムを1種類、リンゴジャムが添えられる。
スコーンは小さいながらもバターがた~~っぷり使ってあって結構おなかにズシリとくる。

お店は静かすぎない静けさで、「家具のような音楽」が流れている。とりわけわたしがいた間にどなたもお客さんがなかったのでとてもくつろぐ。

三郷陶器と言い、手作り風のしつらえと言い、三鷹のリトスタを思わせる。

スコーンセットは1200円。



[PR]
by e3eiei | 2014-12-23 00:36 | 食べたもの 中央線沿線 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://e3eiei.exblog.jp/tb/21412458
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< スターフライヤーの機内サービス... 久々のForestaでチーズオ... >>