旬の香のお楽しみセットランチ

旬の香@東中野駅西口

西口の通りのロムアロイか、それがだめならitoでチキンカツにしようという心づもりになっていたが、前者はドアが閉まっていて後者はのぞくと満席のもよう。さて、と見回すと福建家庭料理とうたった中華屋さんがあるので行ってみる。

階段を数段上るとドアが開け放たれているがなんだか薄暗くてがらんとしたふうだ。サラリーマンのおにいさんが一人お食事中だ。あら、失敗したかな、と思いつつカウンターの向こうの厨房のおにいさんのどこでも好きなお席にという身ぶりに従う。
ランチメニューは8種類くらいの単品定食と、1時からの2品定食のお楽しみセットだ。お楽しみセットの「豚肉と彩り野菜の味噌炒め」と「鶏のチリソース」を注文する。店内を見回すと雑誌に取り上げられたようで中央線最強と書いてある。

厨房のジャージャーいう音を聞きつつしばらく待ってるとトレイにあふれんばかりにお皿が並んだランチ登場。2品のおかずのほかに生野菜サラダと冷奴、わかめのかきたま汁と沢庵がついている。冷たいお茶も。

鶏のチリソースの鶏がたいへんおいしい。チリソースをからめたあともいわゆる「外はサクサクなかはふんわり」状態なのだ。ここはきっと鶏の唐揚げがウリなのだろう。チリソースも甘酸っぱくていい。野菜の味噌炒めはテンメンジャンを使ってあって思ったのとは違って色が黒い。まさに家庭料理というような和む味わいだ。かきたま汁は片栗粉が強くてお汁ものにしてはどろっとしたのどごし。
ボリュームはあってお腹いっぱいになる。

日替わり定食で「豆苗炒め550円」「福建式トマトと卵のナンプラー炒め680円」「エビとセロリの塩味炒め680円」と書いてあるのをあとで見つけた。こっちにすればよかったかな。

お楽しみセットランチは780円。

喉が渇きそうなので帰りに駅の向かいの地元密着コンビニみたいなお店でミネラルウォーターを買ったら45円だった。


ロムアロイは食べログによると夜だけの営業のようだ。残念。


[PR]
by e3eiei | 2014-05-30 00:06 | 食べたもの 中央線沿線 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://e3eiei.exblog.jp/tb/20758506
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< maruharuが閉店してしま... Mu‐Hung(夢飯)の海南チ... >>