麻の葉のざしきわらし

麻の葉@早稲田通り(穴八幡石垣下)

久しぶりに天ぷらと思いを定めて夏目坂を高七まで登る。引き戸を引くと満席みたい。忙しくててんぱったお店の女性が満席なんです、ごらんのとおり!と言われるので引き返す。
揚げものモードになっているままてくてく歩き、とんかつ豊もお店の前に人が待っているので、次の候補をカキフライにする。ワセダ菜館もいいけど、どっかでカキフライを見たなあと記憶を手繰り寄せながら早稲田通りを歩いていると、麻の葉に小さな黒板が出ていたのを思い出す。行ってみるときょうも黒板に「牡蠣フライ」の文字が輝いている。やったね。引き戸を引いて入ってみるとカウンターに一席だけ空いていて、案内される。僥倖。

コートを脱ぐなり牡蠣フライお願いします、と注文すると、牡蠣フライ終わっちゃったんですよと。ぇ、ぇ、ぇ、、、ついてない日だ。(すぐに黒板を下げに行ってた)。

仕方なくメニューを検討する。日替わり定食は5~6種類ある。ざしきわらし(和風ビビンパ)というのを注文する。
混み合っているのでしばらく待たされる。
やってきたのは大きな深めのお皿に彩りよく具を並べた丼ごはんだ。マグロのごまあえ、菜の花のごまあえ、数の子イカ、きのこのしぐれ煮、オクラ、中華クラゲ、たたき長芋がごはんの上に放射状に盛られて、真ん中に生の卵黄が乗っかる。お箸とスプーンが添えられている。混ぜ混ぜして召し上がれということなのだろうが、これらを混ぜたときの味の想像がつかないので、それぞれいただく。ごはんがよくておいしくいただく。あとでやってきた地鶏のスープも滋味深い味わいでよかった。

このお店、実は少々苦手なのだ。何というのか、そこはかとなく漂う圧力が落ち着かなくさせる。味はいいと思うんだけど。テレビを眺めながらまったりと、というわけにはいかないような(笑)。


ざしきわらし定食は地鶏スープ付きで800円。
そのほかの定食も800~950円。



[PR]
by e3eiei | 2013-11-19 18:04 | 食べたもの 早稲田界隈 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://e3eiei.exblog.jp/tb/19979972
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< フェニックスカフェのチキンライス 酪王ハイカフェオレ >>