浅野屋のもり

浅野屋@大隈通り商店街

何となくお蕎麦の気持ちになり、行ったことのない長岡屋を目指してみた。ちょうどお昼時で、お店の中で待っておられる。仕方がないので大隈通りの浅野屋に向かう。実は、ここはずいぶん前に一度温かいお蕎麦をいただいて、ぅぅ、、これは。。と思った記憶がある。

ここも男性客で満席だったが、ちょうど一卓空くところでよかった。
何にしようかなとメニューをみているとうしろの方で「盛り1枚」という注文の声が聞こえ、ああ、おとなっぽい注文!なんて思って真似てみる。

しばらく待つと運ばれてくるが、大盛りだ。
蕎麦の香りがよくて、蕎麦つゆも甘くなくてでもコクがあって、普通のおいしいお蕎麦だ。ああ、おいしいなあと思いながら食べ終えるとけっこうな量だった。昔の記憶はなんだったのだろう。蕎麦湯をもってこられるときにもう一つ蕎麦猪口をもってきてくださる。これはとてもうれしい。
最後に番茶も持ってきてくださる。

会計のときにミルク飴をいただく。

お店は老夫婦でやっておられるのかしら、ホールは愛想のいい笑顔のかわいらしいおばあさまが一人で切り盛りされている。


盛り蕎麦 450円。
[PR]
by e3eiei | 2013-10-18 00:11 | 食べたもの 早稲田界隈 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://e3eiei.exblog.jp/tb/19837595
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 東京らっきょブラザーズの野菜ス... ぷらんたんのパスタランチ >>