ニューみなとの日替わり定食(焼き鯖と生姜焼)

ニューみなとニュー??@春日駅近く(白山通り・鮨一文の1階)

明るい雨の中を白山通りをてくてく歩いてどこかでお昼をと思っていると、かすかに焼き魚の香りが漂ってくる。居酒屋さんのしつらえで、おいしいかも、と思い引き戸を開けてみると、1時前というのに、お店にはお客さんが一人もいない。あれ、しまったかも、と立ちつくすと奥から明るい声でいらっしゃいませ、カウンターへどうぞと勧められる。テーブルが三つ四つとカウンターがあり、すだれで目隠しをしてあったりチープな場末た感を漂わせながら、焼酎を飲みつつもつ焼きなんかを食べる、おとなの居酒屋さんのようだ。

お昼は焼き魚が何種類かそれに日替わりなどがメニューには書いてある。日替わりは何ですかと聞くと、焼き鯖と生姜焼といわれるのでそれにする。
カウンターにはポットに冷たい麦茶が冷えている。
カウンターの内側に大きな焼き網があって、脇に鯖と鮭のハラスがあらかじめ焼いて冷めないように置いてあり、注文があると網でゆっくり炙るっておられる。これが熱くなるとメンバーがそろう仕組みだ。

トレイにはいろいろ盛りだくさんに乗ってくる。鯖はノルウェーではないのの半身の半分。それに豚肉の生姜焼き。サニーレタスや水菜のサラダ、大根おろしめんたい、おみそ汁は青さとねぎ、白菜の浅漬けとごはん。

鯖はいいあんばいに脂が乗っていておいしい。生姜焼は私にはちょっと味が濃かった。サラダの野菜がシャキッとしていてこれはいいと思う。ごはんも悪くない。おいしいお昼をいただく。

ちょうど私が出るときに入れ違いに若いサラリーマンが一人入ってきた。

表に出るとまだ雨は降り続いている。しばらく歩いて、お店の名前を見ていなかったことに気づく。振り向くともう見えない。確かニュー何とかと書いてあったような気もする。あとでネットで確かめることにして用向きの場所に向かう。
ところが不思議なことに、ネットで検索してもそれらしいお店が出てこないのだ。そんなに新しい感じの店構えではなかったのに。ちょっとミステリアス。


日替わり定食は800円。ほかも大体800円-1000円くらい。ごはんとお味噌汁はおかわりができると書いてあった。


追記(2015年4月) 再び通りかかって確認すると、お店の名前は「ニューみなと」だった。「開店4周年」と書いてある。この少々しょんぼりしたような構えでこの場所で4年というのは頑張っておられるのだなあ。



[PR]
by e3eiei | 2013-06-22 00:13 | 食べたもの | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://e3eiei.exblog.jp/tb/19029618
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ル・ジャルダン・ゴロワのキッシュ 「題名のない音楽会」の「バカに... >>