くすの樹のウィンナ珈琲

中央線の武蔵境駅と東小金井駅を底辺とする正三角形の頂点のあたりに、大きな楠とおとぎの国のお城のようなとんがり屋根の乗ったレンガ造りの丸い建物があり、それが喫茶店なのだ。店内も外観にふさわしく、高い梁の重厚な造りになっている。

コーヒーに力を入れている喫茶店で、そこでお昼までやっているモーニングセットをいただく。

モーニングセットは2種類あって、一つはふわふわの大きなバンズと卵サラダにポテトサラダとコールスローとオレンジが一切れのったプレイト、もう一つはほっとサンドイッチのプレイト(日曜日はお休み)で、どちらもお好みの飲み物をつけることができる。ホットサンドはお休みなのでバンズのプレイトにする。そして、ウィンナーコーヒーがあるのでそれをいただく。むしろこれをいただきたかったのだ。

パンのプレートはかなりボリュームがある。バンズにはハムが挟まっていて、そこにサラダなんかをはさんでいただく。かなりのボリュームだった。

コーヒーはプレートと一緒にやってくる。
ウィンナーコーヒーは、上に乗っかったクリームがきれいにエッジが際立っていて、見た目はとてもきれい。一口いただいてみると、クリームが甘くてかたい。コーヒーも甘い。コーヒーが甘いのでクリームは甘くない方がよかったかなあと思う。ショートケーキに使うホイップクリームみたいな感じなのだ。最後まで溶けなかった。
これはもう好みなのだと思うが、熱くてほんのり甘いコーヒーと唇にひんやりしたクリームのコントラストがごちそうと思う。熱いコーヒーにクリームが徐々に溶けていくのもまた味わいだと思う。
そういうわけで、期待が大きい分いまひとつだったかなあ。

お客さんの平均年齢は高めで、昭和の喫茶店のような落ち着いた地元の人の雰囲気でまったりする。
二階が喫煙席一回は禁煙席と分煙してあるのがありがたい。

モーニングセットは620円かな。
[PR]
by e3eiei | 2013-02-24 15:54 | 食べたもの 中央線沿線 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://e3eiei.exblog.jp/tb/17882780
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< VG Cafeのタコライス 好好 (ハオハオ)の麻婆豆腐丼 >>