インド料理レストラン アダルサの豆カレー

アダルサ Adarsha@武蔵境駅北口

ここにインド料理屋ができたのはもう何年か前になる。一度行ってみようと思いつつなかなか機会がなかった。ドーサやウッタパムなんかも出すようだった。

間口の狭い何となく過剰な感じのする入口の扉を開けると、奥行きがあって思ったよりは広く、何席もあるテーブルはほとんど埋まっている。案内されるままに奥に進む。

ランチメニューを検討すると、よくあるインドカレー屋のそれと同じような、カレーの種類とライスかナンの選択の組み合わせになっている。
豆カレー、辛さ4(5段階)、ライスで注文する。

ほどなく小さいサラダが来る。キャベツの千切りの上にコーンがのってちょっと甘めのドレッシング。それが済んだころにカレーが登場。ターメリックライスはたっぷり、それにこれもたっぷり目のオレンジ色の豆カレー。

カレーは塩味はかっちりしているが、ニンニクが勝った香りで思ったよりスパイシーではなく、思ったより豆の風味が乏しく、しゃぼしゃぼしている。辛さはほどほど。辛さ5(激辛)でもよかったかも。

学生さん、ビジネスマン風、子どもたちとお母さんたち、おばあちゃまと孫の小学生などのお客さんで、地元密着のくつろげるお店だ。

レジのお店の方の対応も「辛さはいかがでしたか」とか。夜に来るとウッタパムがいただけるのか尋ねてみると、もうやってないんだそうだ。ドーサやウッタパムはあまり食べる人がいないのでと。ああ、それは残念。
インド風お好み焼きとかなんかで売り出すといいのに。

豆カレーは680円。
[PR]
by e3eiei | 2013-01-08 00:54 | 食べたもの 中央線沿線 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://e3eiei.exblog.jp/tb/17582773
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 千年葡萄屋のランチ 明洞(ミョンドン)の純豆腐チゲ >>