ささいの手打ち二八蕎麦天せいろ

ささい@武蔵境北口

お蕎麦の増田屋だったところがきれいになってずいぶんたつ。いつ通りかかってもひとがいっぱい入っていておいしそうなので行ってみる。

お蕎麦メニューはふつうのお蕎麦と20食限定の手打ち二八蕎麦とがある。玄関の横で電動石臼が蕎麦を引いていて、奥のガラス張りの手打ち場には「本日の蕎麦は青森産」と貼りだしてある。せっかくなので手打ちをいただくことにする。

店内は広くて、大きなガラス張りの窓際とその後ろにカウンター席があり、反対側には座敷席もある。ほぼ満席でちょうど窓際の席が空いたので案内される。店内はジャズが流れている。
手打ち二八蕎麦を天せいろで注文する。

お蕎麦は丸いざるに載って、天ぷらとともに運ばれる。天ぷら専用の天つゆはなくお蕎麦のつゆと共用。お蕎麦はきりっと角ばって細く、ほのかに香っている。硬すぎず大変のどごしもいい。天ぷらもいい具合にあがっていておいしい。お蕎麦は量が多い。最後の方にはざるの真ん中でくっつきあってしまい少々残念だった。
蕎麦湯は白くとろみのあるタイプ。

週末のお昼時とあって、お客は老若男女次々と引きも切らず訪れる。子ども連れの家族も少なくない。入口の扉の横に立って待つ方もおられる。まちのお蕎麦屋ってこんなふうだよね、という肩ひじ張らない和やかな空気が心地よい。玄関わきの電動石臼が蕎麦を引いているのを、小学3年生(推定)男子と一緒にひとしきり観察させてもらう。

手打ち天せいろは1500円ほど。
手うちでない天せいろは1000円くらい、せいろは500円ちょっとだったかな。。

鴨せいろを注文している人が多かった。件の小学生男子もかもせいろ食べた、と言ってた。おいしいんだろうな。
メニューの武蔵野地粉うどんというのがおいしそうだった。


あとでネットで調べてみると、「増田屋」というのは「砂場」とか「更科」と同じようにのれん分けをしたお店の屋号のようだ。この「ささい」も、正式には「増田屋蕎麦処ささい」と言うらしい。つまり、以前からあった増田屋さんがリニューアルしたということのようだ。
[PR]
by e3eiei | 2012-07-04 23:55 | 食べたもの 中央線沿線 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://e3eiei.exblog.jp/tb/16239740
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< フォートナム・アンド・メイソン... 豚豚豚(DONDONDON)の... >>