お志ど里の生姜焼き丼

お志ど里@江古田銀座商店街

駅のあたりを歩いてみると、お志ど里の看板に生姜焼き丼と貼ってある。ああ、これ食べてみよう、と入ってみる。

例によってゆる~い空気が漂い、お昼から瓶ビールなんか傾けてるおじさまとかいらして、いいねえ。だだっ広くて、表の照り返しが差すくらいの仄暗さで、観光地の場末た空気にも似通ったものが感じられる。お昼時だけどむちゃくちゃ混んでるわけでもないところがまたいい。

所期の目的を果たすべく生姜焼き丼ごはん控えめを注文する。少し待たされて、やってきたのは私の気持ちとしてはたっぷりの丼だ。お肉が重なり合ってのっている。丼と、例によってまだ乾いてるお麩が二つ浮いたわかめのおみそ汁と、キュウリのQチャン的な漬物の小皿。いいあんばいのおいしいひじきがつかないのは仕方がない。

生姜焼は濃い味付けだが、肉がおいしい。ごはんもおいしい。肩ロースの薄切りをたっぷり使ってある。丼のマナーに従ってもりもりといただく。

周囲をそれとなく観察しているとこの丼を頼む方がけっこう多い。みると山盛りになっていて、ああ、これはすごいな、と感心する。やっぱり刺身定食を注文する方も少なくなくて、こちらは注文から30秒で到着する(笑)。

豚肉生姜焼き丼は2時半まで。価値ある490円。


以前の訪問の記録
刺身定食
刺身定食
うな丼
[PR]
by e3eiei | 2012-05-24 23:51 | 食べたもの 江古田界隈 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://e3eiei.exblog.jp/tb/15915297
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< インド富士のカレー再び 大隈通り商店街「静」(承前) >>