めんめんのカキフライ定食

めんめん@新江古田 目白通り路地入る

カキフライの季節が来たのに、ことしはまだどこのカキフライもいただいていないなあ、と思いつつ、ちょっと足を延ばす。確か、ここのカキフライはおいしかった記憶がある。

少し遅い時間帯で、引き戸を開けると先客はカウンターにおひとり、散らかったテーブルをおばさんが片付けている。

カキフライは大小2種類あるが、前に小を注文してあまり歓迎されているふうでもなかったのを思い出し、ふつうのカキフライにする。定食にしてもらう。

年配のご主人が、注文を受けてから丁寧に調理される。
しばらく待つと、白い8角形のお皿に豪勢に盛られたカキフライが登場する。とても大きいというわけではないふつうに大きなカキフライが6つもこんもりと盛りつけられていて、1/8のくし型レモンとからし、それにタルタルソースが添えられている。卓上のソース、そして醤油も示唆される。お皿には、千切りキャベツ、くし型のトマト、それにポテトサラダまで付いている。これに根菜のおみそ汁と丼のごはん、そしてぬか漬けがつく。ごはんは軽めにしてもらう。

まずはレモンをギュッと絞って一つ目に取り掛かる。ああ、これは油の香りか、何かバター風でもあるような甘やかな香りがする。そしてかみしめると、牡蠣がおいしい。ぷっくりいいあんばいに揚がっていて、気持ちがほわんとにこやかになる。レモンは大ぶりで6個のフライに行きわたり、それもうれしい。キャベツにはドレッシングを垂らしてあるが、タルタルソースで和えていただく。脇役たちもそれぞれに正しくおいしい。
お腹も適度にくちくなり、満足なお昼である。

ごちそうさま、と支払いを済ませると、それまで平ったい声で常連さんと世間話をしていたご主人が、急に節ばった声をして「どうも、あいぁとぉっす!」と挨拶される。

店の表には「カキフライ」と「白玉めん」が貼り出されている。白玉めんはなんだろう、次にいただいてみようか。


カキフライ定食 1210円。
[PR]
by e3eiei | 2011-12-22 23:38 | 食べたもの 江古田界隈 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://e3eiei.exblog.jp/tb/15152479
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 小さな日常のよろこび 人を雇用すること(東電) >>