地産食膳れすとらんさがん風の日替わりランチ

さがん風@佐賀市文化会館内

ここは以前農協直営レストラン季楽の支店があり、何度か訪れていた。そのご「風車」というよくわからないレストランになり、さらに「さがん風」に変わったらしい。ランチに探検に行く。

中は季楽のときと同じで、広々とつくってある。イベントをやっていないので、ランチタイムとはいえさほど混んでいない。
日替わりランチ(三種盛り)を注文する。サラダ、野菜たっぷりスープ、お茶とコーヒーはバイキング方式である。
三種盛りは、白い大きなプレートに鶏のトマトソース煮、牛肉ステーキ、鰆唐揚げのあんかけがのっている。それぞれにけっこうなボリュームである。これにサラダやスープ、ご飯をいただくと食べきれないくらいである。

肝心のお味は印象に残らない。

他にパスタやごはんものもある。

日替わりランチは850円。


公共施設の中の「さがん」と付くレストランが流行りなのかしら。
[PR]
by e3eiei | 2011-09-09 16:23 | 食べたもの 九州 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://e3eiei.exblog.jp/tb/14524422
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< リーバス警部の定年退職 さがんれすとらん志乃のランチ >>