居酒屋かおるの焼き鯖とおでんのランチ

居酒屋かおる@恵比寿神社そば

前を通りかかるとちょうどサラリーマンのおじ様が出てみえたので入る。

この日のランチはおでん、トンカツ、焼き鯖から2品である。トンカツは食べたばかりなので焼き鯖とおでんにする。鯖にはたっぷりの大根おろしがつく。大根は注文があってからすりおろしているのでみずみずしい。鯖はあらかじめ焼いて大皿に盛ってあるが熱くなって出てくる。小ぶりのが半身、おいしそう。実際とてもおいしい。あでんは厚揚げ、こんにゃく、いかまき、すじ、竹輪の5品。すじというものははじめていただく。これまで形状がまがまがしい気がして食指が動かなかった。練り物練り物した感じだ。とはいうものの、おでん種にはおいしいだしがよくしみていて熱々で滋味。これに豆腐とねぎのおみそ汁とおいしいご飯。沢庵もおいしいので2切れいただく。
いいお昼ご飯をいただく。

町内会のお仕事から戻ったおかあさんが「謹賀新年/恵比寿西商店会」のポスターをお客さんにおすそ分けされるのを丁重に辞退する(笑)。


2品チョイスランチ 700円(大盛り800円)


以前の訪問の記録
ハムオムレツと鶏の唐揚げのランチ
しらすオムレツと豚肉生姜炒め
明太子オムレツとおろし唐揚げ
ひき肉カレーと豚の角煮
カキフライとしらすオムレツランチ
焼き鯖と手羽元と大根煮物
わらさの刺身とアジフライ定食
プレーンオムレツととんかつ









玄関外のランチの小さな黒板を見ていてふと気がつくと、建築計画の看板がかかっている。かおるの建物を建てなおすということらしい。施主の名前が「薫」となっていて、ああ、おとうさんのお名前なのだ、と思ったりする。
ごはんをいただきながら、建て替えられるんですか、と聞くと来年8月に新しくなるのだそうだ。またなさるんでしょうというと、やんなきゃ食べていけないからとおかあさんが笑う。いまのお店よりもうちょっと広くなるのだそうだ。いまのお店も味があっていいと思います、というと、みなさんそうおっしゃると。別の常連さんとの会話では50年という言葉も聞こえる。恵比寿もすっかり変っちゃったと。
そういうお話を聞いてみたいと思う。
[PR]
by e3eiei | 2010-12-16 00:04 | 食べたもの 恵比寿界隈 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://e3eiei.exblog.jp/tb/12512499
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 博多うどん はち屋のごぼ天うどん 居酒屋かおるのプレーンオムレツ... >>