居酒屋かおるのランチ

居酒屋かおる@恵比寿神社付近

先にたまたま通りかかった小さな居酒屋さんのランチだ。今日の黒板は「ハムオムレツ」「鶏の唐揚げ」「焼きそば」から2品チョイス、と書いてある。涼しくて表の扉をあけてあるのでちょっとのぞいてみると、席が空いているので入ってみる。ほんとに小さなお店だ。

穏やかで気さくな品のある年配のご亭主がなさっているらしい。ちょうど一緒に入った二人連れと合わせて、熱いお茶を入れてくださり、注文をとっていると、奥から息子さんと思しき男性があらわれて調理にかかる。手早くちゃっちゃっと調理されるが三種類のメニューなので少々時間をとる。

オムレツと唐揚げは同じさらに、サニーレタスなどのグリーンサラダと一緒に載ってくる。
オムレツは短冊のハムがけっこうたっぷりと入っていて、ふんわり焼き上がっていてシンプルでおいしい。ケチャップはプラスティックボトルがテーブルに出されて、自分で好みに合わせてかけられる。唐揚げは衣が少々厚くてカリッとあがっている。大きめのが3個。これはけっこう食べでがある。サラダはドレッシングが甘めでおいしい。自家製かもしれないなあと思う。
これに揚げと豆腐とねぎのおみそ汁、具がみっしりという感じで入っている。そしてごはんは大ぶりの茶碗に、とびきりおいしいというわけではないのだが、ふつうにおいしいごはんだ。

漬物はたくあんと山ゴボウの味噌漬けとラッキョウが、それぞれ中鉢に入れられてテーブルから好きなだけどうぞ、という方式だ。漬物はいただかなかったが、きっとおいしいはず。

先の二人連れは常連さんで、ご亭主と世間話に花が咲く。その人たちが帰った気配で、奥からご亭主の奥さんと思しき方が出て来かけて、「あら! こんな恰好で失礼しました」とあわてて引っ込まれるのがなんだか微笑ましい。下町の近所の居酒屋さん的な雰囲気が横溢している。
支払いをするときに、お待たせしてすみませんでしたね、と言われる。先に入られた二人連れに先に調理されたことを言われているのだ。おいしくていいおひるでした、と言うと、お時間がありましたらまたおいでくださいね、と。

そんな穏やかな雰囲気も、おいしいごはんも、とてもいいおひるでうれしい。
かくして、いいおひるの店が見つかったのである。


居酒屋さんにしては息子さん的男性の作るオムレツやサラダはすばらしいなあと思って、ネットを見ていると、フランス料理をなさっていた方らしい。息子さん「的」ではなく、ほんとの親子三人でなさっているのだ。


ランチは700円。
[PR]
by e3eiei | 2010-09-16 00:19 | 食べたもの 恵比寿界隈 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://e3eiei.exblog.jp/tb/11926241
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ニューエコーのクッパ ラーメンほづみのトマトラーメン >>