早稲田のカレーな日々

例によって「桜・ネコ・電車」をやってみる。

夏目坂「秀永」の鶏飯を久々に食す。前に久々にいただいた時もあれっと思ったが、またもあれっと思うほど味付けが濃かった。こんなものだっけかなあ。。
秀永は2010年11月10日をもって閉店しました。

ヤミツキカリーでほうれん草とトマトとチーズのカレーをいただく。今月二回目。 700円。

cafe de Sunぽみち(カフェ ド 散歩道@新目白通りと地下鉄早稲田駅を結ぶ角)でビーフカレー。典型的な喫茶店カレーだ。ささやかなキャベツの千切りサラダが出て、カレーはポットに入れられて出てくる。三連の薬味入れに福神漬けとその仲間がやってくる。「ビーフ」探索は困難を極めた。 630円。
地域の高齢の方が昔からここでくつろいでおられたのだろう。居室の延長のようにまったりとした場が形成されていて、よそもの感が強く意識される。

GRASSOで女子ランチ。たまたま通りがかってのぞいたら空席があったので入る。コールスローのドレッシングがフレンチドレッシングに変わっていた。残念。胡麻ドレッシング、おいしかったのになあ。 600円。

KINOKUNIYAのおむすびセットのお弁当。梅をはさんだレンコンの天ぷらがおいしい。 小ぶりのおむすび2つとてんぷら、煮卵半分。 360円くらい。

ヤミツキカリーでほうれん草とトマトとチーズのカレーをまたもいただく。今月三回目。

何とか思い出せたが、タイムアウトだな。
[PR]
by e3eiei | 2010-06-17 02:56 | 食べたもの 早稲田界隈 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://e3eiei.exblog.jp/tb/11338855
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ファミリーレストラン 好々亭 ... キッチン太郎のオムレツとメンチ... >>