DONDONDON(ホルモン商事)のビビンパ

DONDONDON(ホルモン商事)@大隈通り商店街

久しぶりにビビンパを食べに行く。
いつもと変わらずほわっとしておいしい。いつか、ママが混ぜ方で味が決まる、といわれていた。箸とスプーンを使って下からすくいあげるように、空気を含ませる感じで混ぜるとほわっと仕上がる。
おかずは、ちぢみが売り切れていたらしく、冷ややっことカクテキとモヤシナムル。

おみやげのガムがキャンディーにかわっていた。これが珍しいキャンディで、ハングル文字は読めないが、英語でscorched rice candy(煎り米キャンディ)と書いてある。まさに玄米茶の玄米のような香ばしい香り。甘さ控えめのキャンディでおいしかった。

ビビンパは600円。



大隈通りのキッチンオールドバザールがメグ・マハルに変わった後すぐに閉じてしまった跡が、「麺やkazu」というはやりの黒っぽいラーメンつけ麺屋になっていた。カフェドアリカもお店の前に大きなパラソルを広げて、少々おしゃれになってお客さんも入っていた。
[PR]
by e3eiei | 2010-05-29 00:16 | 食べたもの 早稲田界隈 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://e3eiei.exblog.jp/tb/11201116
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< トルコ料理サライ のナスのミー... ファミリーレストラン 好々亭 ... >>