ファミリーレストラン 好々亭 のハンバーグステーキ

好々亭@江古田駅南口

このお店は、長いこと中華料理屋ハオハオ亭だと思っていた。店頭の看板の雰囲気が何となく中華料理モードなのだ。ある時それらのメニューを眺めてみると、洋食店らしいことに気がついたのだった。そしてコウコウ亭だったのだ。

店頭に手書きの看板がにぎにぎしく並んでいる。ドアを開けると思いのほか小さい店内だ。右側にテーブルが三つ。それぞれに中高年の男性おひとりさまが三名食事中だ。左側の小上がりにテーブルが二つあり、それを勧められる。初老の男性がキッチンで、奥さんともう一人男性がホール担当だ。

店頭のと同じメニューがあるが壁に貼ってあるが、組み合わせメニューも多くあれこれ迷う。で、ここは「ファミリーレストラン」の原点にかえり、ハンバーグステーキ、ベーコンエッグ添えを注文する。
しばらく待つとお盆に載って一式やってくる。ハンバーグは小ぶりのが二つのっている。たぶん二種類セットにするために予め小ぶりに作ってあるのだ。千切りキャベツ(レタス・コーン入り)がたっぷりとくし型のトマト、ポテトサラダ、そしてわきにかわいい目玉焼きとベークドベーコンが一切れ。これに豆腐とお揚げとわかめのおみそ汁、ごはんはお茶碗と一人用の木のおひつで供される。ごはんは茶碗に二膳強入っていて、好みで量が食べられるのでありがたい。「大盛り」を注文していた人のをみると大きなおひつでやってきていた。

ハンバーグは、合びきに炒め玉ねぎがたっぷり入って味も触感もふわっと柔らかくて家庭的なハンバーグだ。焼きしまって硬くなったりせずにおいしい、ただ、周辺には少し硬くなったところがある。ソースがたっぷりかけられていておいしくいただく。目玉焼きがうれしい。お行儀が悪いが、ご飯茶碗でくずして卵ご飯にする。ささやかなしあわせなのだ。野菜にはドレッシングがかかっていない。テーブルに業務用ドレッシングがどんと鎮座しているのだが、せっかくなのでお醤油をちょろっとかけていただく。総じてボリュームたっぷりなのだが、ご飯の量を調整できるのでありがたい。

ホール担当と思った男性は実は配達担当のようで、風呂敷に包んだ仕出し弁当風の出前定食を配達に出かけている。
店内はおひとりさまが多いが男の世界でもあった。しかも学生よりは勤労者、近所の方。


ハンバーグステーキ、ベーコンエッグ添えで700円。
ランチはおかずが一種類で700円、二種類で800円、三種類で900円。
[PR]
by e3eiei | 2010-05-28 01:43 | 食べたもの 江古田界隈 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://e3eiei.exblog.jp/tb/11195250
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< DONDONDON(ホルモン商... トルコ料理サライ のインゲン豆... >>