家庭料理 勝芳の焼き魚定食

勝芳@早稲田通り裏通り

さわやかな陽気にトマト料理が食べたくなる。前日に松屋の「トマトカレー」を食べてみたのだが、これはカレーかどうか判断に迷うところだった。トマトたっぷりではあったが。で、そのリベンジを、とも思ったのだ。

だが、途中で勝芳の前を通りかかり、「きんめ西京焼き」の板書が見えたのでふらふらと。入口の引き戸は網戸になっていて、さわやかな五月の空気が店のなかにも入って心地いい。

きんめはずいぶん大きなものだった。身がほろほろしておいしかった。大根おろしとレモンがついている。それにもやしと小松菜の中華あえ、豆腐と大根の味噌汁、香のもの。おいしいご飯は半分にしてもらう。半分でもしっかりいただける量だ。

ご主人は、読書日和だねえ、公園に寝っ転がって本読みたいねえ、とおっしゃる。


焼き魚定食、ごはん半分で700円。
[PR]
by e3eiei | 2010-05-09 00:35 | 食べたもの 早稲田界隈 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://e3eiei.exblog.jp/tb/11078677
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< Grassoの女子ランチ girasole (ジラソーレ... >>