中華パンダの鶏肉と大根煮込み定食

中華パンダ@大隈通り商店街

ニューエコーの下に怪しい雰囲気の中華料理の店がある。いつもここは入ったことがないなあ、と思いつつ通り過ぎている。日曜日で、あらかたのお店は閉まっており、久しぶりにママキムチにでも行ってみようか、と思っていたが、ふと「鶏肉と大根の煮物」というのがおいしそうにも思えたので、勢いで入ってみることにする。

入ってまず歓迎される雰囲気が全くないので、もう終わっているのかと思い、思わず「いいですか」とアルバイトと思しき女性に尋ねる。どうぞ、といわれるので誰もいない店内に入る。なんだか落ち着かない。

件の日替わり定食を注文する。ええと、と言ったまま厨房の人と中国語でしばらくやり取りをしている。そのままになったので作ってもらえるらしい。各テーブルに小皿に載せた卵が3個ずつ置いてある。ランチのメニューをみるとゆで卵サービスと書いてある。

しばらくするとお盆に乗ってやってくる。ごはん少なめといい忘れたが、残せばいいや、と言い聞かす。煮物は意外にも八角と生姜のいい香りがする。三連の前菜皿に冷蔵庫から直行という温度のマーボー豆腐とバンバンジーサラダ、ゴマ団子。ごはんはたっぷり、ちっとも熱くない卵スープ。
煮物はいい香りで、鶏肉はほろほろするくらいに込まれているが、大根とにんじんは味が染みていずに歯ごたえが残っている。きくらげとともにかなりのボリュームだったが残念だった。

最後の最後に次のお客が来て、ああ、ちゃんと営業中だったんだな、と思う。

日替わり定食は700円。ほかの定食は750~850円くらいか。
[PR]
by e3eiei | 2010-05-03 02:54 | 食べたもの 早稲田界隈 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://e3eiei.exblog.jp/tb/11046146
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< SHANTI CLUB IND... 喫茶ルオーのセイロン風カレー >>