金の鈴の温玉揚げ玉うどん

金の鈴@早稲田通り グランド坂上交差点そば

あっさりしたものを食べたいと思い、金の鈴に行ってみる。ずっと前に一度だけ夜に来たことがある。細いするするした冷やしうどんがおいしかった記憶があった。

フロハンとコピー屋のあたりの二階で入口は少々わかりづらい。お昼を少し過ぎた時間帯で、階段を上ると誰もいない。通りに面していて暖かい日差しが入りこの季節は気持ちよさそうだ。ご主人が一人で切り盛りしているのは、前に来た時と同じだ。
階段の入口に「温玉揚げ玉うどん」というおすすめがあったので、それにしてもらう。しばらく待っているとチンというタイマーの音が聞こえ、それから少ししてどんぶりのおうどんが来る。

うどんの上に温泉卵と揚げ玉が乗っていて青ネギと切り海苔を散らしてある。おつゆはいわゆる関東風のそばのつゆのような醤油色ではなく、透明感がある。ぱっと見た感じちょっと少ないかなあ、という感じもするが、食べてみると案外ボリュームがある。
うどんは細くてまん丸でつるつるしているが、思ったよりもうんとこしがある。困ったのは、うどんの塩辛さだ。だし汁自体はそれほど塩辛くないのだが、めんの塩味がけっこうこたえる。

九州のうどんはふにゃふにゃで優しく、だし汁ももっとだしの味が強い。それに慣れているのでなかなかおいしい、と思ううどんに出会うことがないのが残念だ。

温玉揚げ玉うどんは600円。 +190円で高菜ごはんとサラダのセット。 さらに+100円でドリンク。


お店の名前がいいと思う。金の鈴、すず金(うなぎ)、そして閉じてしまったがみすず商店(パン屋)と、早稲田通りに鈴の連なり。
[PR]
by e3eiei | 2010-03-27 23:47 | 食べたもの 早稲田界隈 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://e3eiei.exblog.jp/tb/10906731
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< わがんの豚豆腐なべ定食 長谷川とんかつのカツカレー >>