リトルスターレストランのランチ定食

リトルスターレストラン@三鷹駅南口中央通り

久しぶりに行ってみる。ほぼ満席でずいぶんにぎわっている。
「申し訳ありませんが、」とおねえさんが、定番のハンバーグ定食と日替わりのお魚の定食は売り切れなのだと告げに来る。「豚の香味焼き」を注文する。

香味タレと書いてある、どういう味付けかなあ、なんて楽しみに待つ。四角いトレーで運ばれてきたのは、とても立派な生姜焼き定食だ。厚みのあるロースが3枚。おろししょうががたっぷり入ったタレが絡まっていて、さわやかなしょうがの香りも高く、なるほど香味焼きだ。お肉は箸で切れないこともないくらい軟らかいが、大振りのままなので噛みつくしかない。プレートにはお肉と、ポン酢醤油を少しかけてあるキャベツの千切り、マカロニサラダとトマト。それにひじき煮の小鉢、白菜漬け、お揚げと豆腐のお味噌汁と、おいしいご飯。ああ、おいしいなあ、と思いつついただく。

食後はコーヒー。きょうのコーヒーはいつもほどインパクトがなかった。とても熱いのだが、かおりがふわっと上ってこない。こういうこともあるのだ。コーヒー椀は花鳥柄の九谷焼。花は椿で、鳥はしっぽの様子からするとヒヨドリかな。

ごはん茶碗に一膳というお昼をいただくと、晩にとてもおなかがすく。こうでなければいけないのだ。


お昼の定食は850円。
[PR]
by e3eiei | 2010-01-14 00:57 | 食べたもの 中央線沿線 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://e3eiei.exblog.jp/tb/10661633
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< JYON NOBIのパスタランチ ニューエコーのカルビクッパ >>