Poor Houseのカレー

プアハウス@江古田音大通り路地入る

久しぶりに竹山に向かうと、準備中の札が。ランチは辞めてしまわれたんだろうか。
さて、どうしようかと、歩き回る。自分がどこを歩いているのかわからないが、とおりから路地を見やると、ちょっと雰囲気のある佇まい。行ってみると、左右隣りあわせで喫茶店が並んでいる。左側は「林檎」。ランチはトースト類が並んでいる。右側は「Poor House」。「Curry」「Coffee」「Wine」と木の札がかかっている。コーヒーがおいしい喫茶店のカレーはおいしい、という思い込みがあるので、入ってみることにする。

店内は細長く、それほど広くない。ピアノジャズが大きく流れている。一番大きなテーブルに案内される。カレーにしようと思っていたので、メニューブックを見ると、コーヒーがずらりと並んでいて、固体の名前がない。おねえさんに「ランチはできますか」と尋ねるとオッケーだった。ようやくランチのページに来ると、カレーはただ「カレー(極辛)」とあるのみ。しかも1000円と書いてある。ほかには「粗食Ochazuke with cheese何とか」とか、トマトのパスタとか。カレーを注文する。

しばらくすると、トッピングと称して細かくしたチーズと春菊の柔らかい葉先が運ばれる。ご飯にごまを振ってもいいですか、と聞くのではいと答える。

カレーはとても珍しい味で、でもとてもおいしい。さらさらタイプで鶏のモモ肉が2切れ入っていて、細かく刻んだゆで卵が浮いている。かなり辛いが心地よい辛さだ。唐辛子の辛味もあるのだが、そのずしんとくる辛味より、スパイシーなスープに煮込まれたホールブラックペッパーがたくさん浮かんでいて、ペッパーの香り高いひりりとした辛味なのだ。ごまの香ばしさがかすかに感じられて、とても珍しいがおいしくて好きなカレーだった。

食事をする間、とうとうだれも来なかった。一人でジャズを聴きながらおいしいカレーをいただいた。キッチンからはものを刻む音がし、ささやかなしあわせだった。

カレー 1000円。

後でネットで検索すると案外著名なお店だった。カレーはやっぱり人気が高いのだった。
[PR]
by e3eiei | 2009-11-27 01:10 | 食べたもの 江古田界隈 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://e3eiei.exblog.jp/tb/10498140
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 和菓子大吾の爾比久良 市場食堂の鯵フライ定食 >>