市場食堂の鯵フライ定食

市場食堂@金沢文庫駅前商店街

誘ってくださる人がいて市場食堂に行く。「食堂」と染め抜かれた暖簾をくぐって引き戸を開けるとそんなに広くない店内は市場の食堂の雰囲気。12時ちょうどに行ったら一卓だけ席が空いていて無事に座れる。次々とお客さんが来て外には列ができる。

メニューは魚が中心で、刺身、煮付け、フライ、天ぷら、寿司、丼ものなどいろいろあっておおいに迷う。壁にも所狭しとお勧めが貼ってある。そういえば、今思うと焼き魚がなかったっけ。周りの方たちに運ばれてくる料理を見ると、ものすごい大盛である。

鯵フライ定食を頼む。大きなトレイに、鯵フライのプレート(鯵フライと茄子のフライ、それにキャベツの千切り、レモン・タルタル・芥子)と、まぐろの切り落としがたっぷりの鉢、浅漬けと冷奴にわかめと豆腐のお味噌汁と中丼のご飯。鯵は身のふっくらしたのをからっと揚げてあり、普通においしい。まぐろはほんとうに切り落としだが、これも普通においしい。ご飯はそれほどでもなかった。

金沢町はもともと漁師町なのだということを思い起こさせる食堂だった。
この街を案内してもらうと、埋立地と複雑に入り組んだ旧海岸線がとても興味深い。ところどころに旧海岸際の侵食された崖跡が露出しているのも面白い。

鯵フライ定食は880円だったか。
[PR]
by e3eiei | 2009-11-25 23:32 | 食べたもの | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://e3eiei.exblog.jp/tb/10494283
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< Poor Houseのカレー キッチンOBASANのカキフライ定食 >>