ホルモン商事のビビンパ

ホルモン商事@大隈通り商店街

久しぶりにホルモン商事へ。
お汁ものにしようかとも思ったが、ここのスープはとてもこくがありお昼には重く感じることもあるのでいつものビビンパにした。このところずっとママキムチだったので食べくらべることになったが、こちらのほうが丁寧に作ってあり上品な味わいだ。お肉は入っていない。目玉焼きの上にゴマが振りかけてある。野菜も下調理を丁寧にしてある。勢いのママキムチ、質のホルモン商事、みたいな個性が出ている。
おかずはこの日は冷奴の韓国ソース、もやしのナムルにたくあんのピリカラ。いつものチジミがなかったのが残念だったが、冷奴もおいしかった。

お店がちょっと暗いんだなあ。

ビビンパは600円。

栃木自然食品店の隣はまだ工事中だが「おにぎり茶屋」と書いてあった。
早稲田通の茜屋珈琲店のあとは「log cafe」という看板が出ていた。喫茶店はすごい勢いで消滅し、代わりにカフェが出現する。
[PR]
by e3eiei | 2009-11-01 00:21 | 食べたもの 早稲田界隈 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://e3eiei.exblog.jp/tb/10403911
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< カレキチの一日分の半分の野菜を... フェルガード 再々 >>